Titanium

チタンについて

工業を中心に様々な分野で活躍する材料

チタンはその軽さや耐久性、低ヤング率などから製造業等、幅広い分野で需要が高まっています。また人の身体にも優しく、耐食性にも優れているため、製作と共に地球環境への配慮も両立できる材料となっております。チタンの需要が高い理由にはその優れた特性だけでなく、切削や溶接、曲げなど様々な加工性にもあり、用途に合わせて多様に加工できることからも様々な形で活用されています。

チタンについて

チタンは軽い・強い・錆びない、人体にやさしい・・・など、多くの優れた特性を持っています。
その用途は 陸・海・空のあらゆる分野に広がり、チタンの強さと優しさが地球とその未来に大きく貢献しています。

物理的性質

【チタンと他の金属との物理的性質の比較】



純チタン チタン合金
Ti-6Al-4V
ジルコニウム アルミニウム 18-8ステンレス ハステロイ
C
溶隔点
(℃)
1,668 1,540~1,650 1,852 660 1,530 1,400~1,427 1,305 1,083
結晶構造 H.C.P<885℃
<B.C.C
H.C.P<990℃
<B.C.C
H.C.P<863℃
<B.C.C
F.C.C. B.C.C.<830℃
<F.C.C.
F.C.C. F.C.C. F.C.C.
密度
(g/㎝3)
4.51 4.42 6.52 2.70 7.86 8.03 8.92 8.93
原子番号 22 22(Ti) 40 13 26 26(Fe) - 29
原子量 47.90 - 91.22 26.97 55.85 - - 63.57
ヤング率
(kgf/㎜2)
10.85×103 11.55×103 9.11×103 7.05×103 19.60×103 20.32×103 20.86×103 11.90×103
ポアソン比 0.34 0.30~0.33 0.33 0.33 0.31 0.29 - 0.34
電気抵抗
(μΩ-㎝,20℃)
47~55 171 40~54 2.7 9.7 72 130 1.7
電気伝導度
(Cuに比べ,%)
3.1 1.1 3.1 64.0 18.0 2.4 1.3 100
熱伝導度
(cal/㎝2/sec/℃/㎝)
0.041 0.018 0.040 0.487 0.145 0.039 0.031 0.293
熱膨張係数
(㎝/㎝/℃~100℃)
8.4×10-6 8.8×10-6 5.8×10-6 23.0×10-6 12.0×10-6 16.5×10-6 11.5×10-6 16.8×10-6
比熱
(cal/g/℃)
0.13 0.13 0.07 0.21 0.11 0.12 0.09 0.09

耐食性

【チタンと他の材料の耐食性比較】

腐食媒 組成(%) 温度(℃) 耐食性
チタン 304
ステンレス鋼
316
ステンレス鋼
ハステロイ
C
塩酸 10
30
10
30
24
24
80
80

×
×
×
×
×
-
-
×
×
-
-



硫酸 10
50
10
50
24
24
100
100

×
×
×
-
×
-
-

×
×
×



硝酸 10
50
10
50
24
24
100
100










-

-
王水 NCl:HNO3
3:1
24
100

×
-
×
-

-
クロム酸 5 24 -
弗化水素 5 30 × × ×
燐酸 10(通気)
50(通気)
10(通気)
50(通気)
24
24
100
100


×
×









塩化第二鉄 10
30
10
30
24
24
100
100



×
×
-
-
×
×
-
-


×
×
塩化第二銅 10
30
10
30
24
24
100
100



×
×
-
-
×
×
-
-


-
-
塩化ナトリウム 10
40
10
40
24
24
100
100


◎*
◎*


○*
○*


○*
○*



塩化カルシウム 10
50
10
50
24
24
100
100


◎*
◎*


-
×


-
-



塩化アンモニウム 10
40
10
40
24
24
100
100


◎*
◎*

-
-
-

-
◎*
-



塩化マグネシウム 10
40
10
40
24
24
100
100


◎*
◎*


△*
-


-
-



硫酸第一鉄 10
50
10
50
24
24
100
100






-



-



アンモニア 10
30
10
30
24
24
80
80












苛性ソーダ 10
50
10
50
24
24
100
100










-

炭酸ソーダ 10
30
10
30
24
24
100
100




-


-


-

硫化水素 乾燥ガス
湿潤ガス
24
24




塩素 乾燥ガス
湿潤ガス
乾燥ガス
湿潤ガス
24
24
100
90
×


-
-

-

×

×



亜硫酸ガス 乾燥ガス
湿潤ガス
30〜60
30〜90

-
-
-
-
-
-
海水 高流速
静止水
24
100

◎*
-
-
◎*
-
-
酢酸 10
60
10
60
24
24
100
100












蟻酸 10
50
10
30
24
24
100
100
○**
○**
○**
×**


×
×






乳酸 10
50
10
50
24
24
100
100






×






蓚酸 10
20
50
10
50
24
52
24
100
100

×




×

-

×
×




クエン酸 10
50
10
50
24
24
100
100



×



×







注)*使用条件によっては孔食、すきま腐食などの局部腐食を起こす場合があります。
  **通気ありの場合◎

   記号の説明 ◎:0.125㎜以下/年 ○:0.125~0.5㎜/年 △:0.5~1.25㎜/年 ×:1.25㎜以上/年